理想と現実

相手のために起きる時間を調整する

相手のために夜、なるべく話す時間を割く

など

昨日、それを無理やりやった。

そして、わかった。

これダメだ。

だって本心じゃ無いもん。

話したーいと思って時間を割いた話じゃない。

ああ、顔合わせないとダメだよなぁって義務感から動いた。

まあ楽しくない笑

相手の一挙一動にびくびくする。

そりゃストレスたまるよね。

冷めるよね。

ああじゃなきゃいけない、

こうじゃなきゃいけない、

って気づかぬうちに理想を追い求めて、

苦しくなってた。

そして、独りよがりの理想は相手を苦しめる。

正しいとか正しくないとか

どーでもいいわ。

嫌いなもの無理やり食べさせて、

好きになるわけがない。

嫌いなままでもいい。

やるだけのことはやる。

でも、それ以上、求めない。

あなたの嫌いなものは、別の人とっては好物なのだ。

好物を合わせて?は出来ない。

だって好きなんだもん。

理想を押し付ければ

一方が幸せになり、一方が不幸せになる。

私はこうしたい。

相手はこうしたい。

それでいい。

そんな環境の中で楽しくしていこうと考える気持ち。

それが思いやりになる。

一緒にいて楽しいが大事。

だから、一緒になりたいと思った。

どうしてこんな単純なことに気がつかなかった?

やりたくないなら、それでもいい。

やりたいことやればいい。

無理やりやろうとするから余計嫌になる。

もうやめよ笑

それぞれ1人で築き上げたペースはそのまま活かせば良い。

そして、多少の気遣いでいい。

ズレはこういうもんだって割り切れば納得できる。

自分のペースでいこう。

朝ごはん食べる時間とか夜の会話とか。

でも、お掃除は今までよりこまめにしよう。

そのほうがお互いに気持ちいい。

それは2人の楽しい気持ちにつながることだ。

自分に正直であれ、寛容であれ。

人生の先輩に感謝。

ちょっと楽になった。

今夜からはなんか寝れそうな気がする。

広告を非表示にする