初恋

といえば村下孝蔵さんの歌を思い出します。

https://youtu.be/mQfEP9KSJt8

凄く良い声ですよね。日本語の詩にもこだわられていたようで、優しい感じがします。

「陽だまり」「この国に生まれてよかった」「一粒の砂」などが好きです。良くカラオケで歌うのは「踊り子」ですね。

因みに三田寛子さんも「初恋」歌われていましたよね〜。

初恋…

誰だろう?

あんまり芸能人は好きになりませんでしたね。

街中で見かけるちょっといいなぁと思う人もそうですが、所詮僕の人生と絡む事のない方達なので、絵空事ですよね。雲の上の方達、眺めていいなぁと思う程度で、それだけでした。

小学生時代、全く意識していませんでしたね。

今から思い返せば、四年生の時に行った山の学校で、確か2人ベッドで別れて寝るのですが、わざわざ僕の隣を指名してきたガキ大将というか、いじめっ子というかの子に夜ハグ?されたような記憶がありますね。

この子、普段の生活でも何度かハグされたような気もします。別に意識も何もしていなかったので、ただただ虐められないかとビクビクしていたと思われます。今ならば気にしすぎてドキドキするんでしょうけどね。

ま、彼も最近Facebookで繋がり、普通にパパしてますね。

中学生時代、やっぱこの時代ですかね。

二年生の時、同じクラスになったF君が多分初恋ですかね。恋愛感情というよりは、とにかく一緒に居たかったような気がします。

バイクで亡くなった例の友人と三人でつるむ事が多かったのですが、皆片親でしたね。F君は父子家庭でしたが。

野球部で、生徒会執行部で、学級委員などもこなすけど、そんなに頭は良くなく、老けた中学生でした。

明るく誰にでも優しく、多分そんなとこに惹かれたんでしょうね〜。

ただ、中学生時代も恋愛感情ではなく、ましてやこっち系のことも全く知らなかったので、そういった好きとか嫌いとかではなく、友達として常な一緒に居たかった、そんな感じだったと思います。

僕は小中学校と家から歩いて5分かからなくて、それが嫌で嫌で、友達と毎朝一緒に登校したいがために、そのF君の家まで毎朝迎えに行っていました。なので登校時間に1時間ぐらいかかっていましたかね。

正式に告白したことはありませんが、一緒にいたいというのはアピールしていたように思います。今では考えられませんが、若い時は積極的だったんですね〜www

彼にもそれは伝わっていたようで、よくそんな話もしましたし、時々照れながら、冗談交じりにハグとかもされていました。

今から思えば初恋なのかなぁ。

中学三年生になりクラスも別れましたが、交友は続きました。

因みに、高校もF君と同じ所へ行きました。

僕は普通科、彼は商業科でしたが。

高校生時代、入学当初は商業科のクラスまで遊びに行ったりしていましたが、めちゃくちゃ柄が悪く、あまりきちゃダメと怒られましたね。

部活もうちの母親は水泳部に入れさせたかったらしいですが、彼がハンドボール部に入るというので、僕も球技めちゃくちゃ下手なのに入部見学に行きました。

そのすぐ後に、バイクの亡くなったT君と、僕じゃダメなのかと中学生時代に言われたO君に連れて行かれた吹奏楽部に結局入部するんですけどね。

F君は、バドミントン同好会に入部しました。

そこからは疎遠になりました。

高校3年間は吹奏一色でした。

毎日楽しくほとんど毎日練習で学校に来ていたので、休みの日に私服を着た記憶げほとんどありません、常に学生服を着ていたような気がします。

ここでも、特にこっち系の感情は無く、友達レベルの付き合いばかりでしたね。

ただ、超マンモス男子校だったため、いろんな出来事は有りましたけどね〜www

ホント色々悔やまれます。

大学生時代、これぐらいからボチボチこっち系の話も出てきます。

因みにF君は就職し、ま、元々ノンケでもあり、僕の世界が広がっていくにつれ、更にどんどん疎遠になり、今ではどこで何をしているやら。

北九州に来るぐらいまでは連絡取ったり、帰省時に会ったりしていましたが、彼も仕事を転々とし引っ越しも繰り返し、いつしか連絡取れなくなって、所在不明に。

今から思うと青臭い思い出ばかりで、照れるというか恥ずかしいというか、若いなぁと思いますが、これが青春ってやつなのかなぁと思ったりします。

なんだかいきなりF君のことを思い出してしまいました。

初恋、片思い?相手がそれなりにリアクションしてくれていたので、まぁ片思いでは無く両思いでもなく。

恋愛って難しいですよね。

追えば逃げる、逃げれば追う。

所詮他人同士なので、ずっと思い続けることは難しく、いつかは違う感情になっていくものなんでしょうけれども。

これは奥深いのでまた次回〜。

因みに第2ボタンも貰っちゃいましたけどね。

広告を非表示にする