沖縄の器のこと

沖縄の器やちむん

器好きの私は、

沖縄で絶対行きたい場所がありました!

やちむんの里。

前回は国際通り近くのやちむん通りに訪れましたが、

前回の記事はこちらから

今回はこのやちむんの里に行きたくて

お店の人とお話ししていたら、

なぜこの地に窯が多いのか、判明!!

人間国宝の金城次郎さんが、

活動の場をこの地に移し、

作家さんを呼び集めたとか。

地元の方とお話をしながら、

器を選ぶのもまた楽しい

こちらは、読谷村の食堂で使われていた丼!

奥にはマンゴージュースが入った杯も!

こちらはオクラチャンプルーがよそわれた器

どの器も素敵で、

悩みながら連れ帰った器がこちら

金城裕三金城次郎さんのお孫さんさんの作品です。

事前に子供たちと相談し、

わが家に足りなかった餃子の取り皿。

それにピッタリの器が見つかりました

直径10センチほど、

醤油とお酢を入れるため少し深め。

大切に使いたいと思います

それから

こちらの器

読谷村の食堂の横で見つけたのですが、

3つしか在庫がなく

一旦あきらめたのですが、

どうしても忘れられなくて

帰る日に寄り道して、

工房におじゃまさせてもらいました

素敵

冨着信治さんの作品です。

素敵すぎて大事にしてしまいそうですが、

日の食卓に愛用したいと思います

夫婦でやちむんの魅力とりつかれ、

またいつか沖縄に訪れることができたら、

今度は丼をゲットしたいなぁ

と話しています

またいつか遊びに行けますように

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm()m

広告を非表示にする