1031的天てれ史

明けましておめでとうございます。本年も更新は少ないと思いますが、よろしくお願いいたします。

さて、本日1月2日は、1031ランドが誕生してから10年になります。

その間、出川さんが司会になったり、てれび戦士が全員入れ替えと、色変わりましたね。

今回は、以前からやりたかった私的天てれ史でも書こうかと思います。私的ということなので、私目線から天てれを振り返るというもの。ただ物事を書くだけじゃつまらないので、その頃好きだった戦士でも書こうかと思います。

〜95

見てた記憶はあるが、はっきりとは覚えてない。女子戦士の誰かが、ケーキを倒してしまったという記憶はある。

覚えていた戦士は、漆野友美ちゃんと田原加奈子ちゃん。2人ともインパクトのある外見だったからな

96

はっきりとした出来事は覚えてないが、覚えている戦士は多い。

この年で1番はっきりしている記憶は、大みそかかいつだかに放送されたドラマ。誘拐された前田亜希ちゃんを、キャイ〜ンと他の戦士が救う内容でした。

のキミはすてきさベイビーメイビーはかなり好きだった。がこの曲でなかったときは、心底ガッカリした記憶が。

この頃好きだった戦士坂田慎一郎篠原麻里

97

好きだった坂田慎一郎君がいつの間にかいなくなっててショックを受ける。

主に、アニメやゲーム対決、イベントのことは覚えている。

BANGBANGBANGの映像は覚えている。

好きというほどではないが、松川佳以ちゃんが気になっていた

この頃好きだった戦士伊東亮輔篠原麻里

98

本編よりもアニメアリスの方が覚えている。

篠原麻里ちゃんの卒業にショックを受ける。

何故か、中田あすみちゃんが気になっていた。同い年だが、当時はずっと中学生だと勘違いしていた。

音楽を聴くのが好きなので、をすぐ好きになる。

夏イベ守れ!黄金の耳かきが想像していたより面白かった。たぶん歴代で好きな夏イベは?と聞かれたら、この年のを挙げるだろう。

この頃好きだった戦士伊藤俊輔

99

放送時間が長くなって嬉しい反面金曜日の放送がなくなったことにショックを受ける。

伊藤俊輔君が残留したことに安堵を覚える。

の曲数が増えて嬉しかった。好きなの年度は?と聞かれたら、99年度と即答できるほど、この年は名曲揃いだったと思う。

なりきりシンガーズなど、面白いコーナーばっかりだった、と記憶している。

中田あすみちゃんが同い年だったのを初めて知る。

この頃好きだった戦士伊藤俊輔中田あすみ

2000

来年は中学生になるから、天てれを見るのは今年で最後、と気合を入れて見ていた。

友達の影響で熊木翔君を好きになるが、3学期になるまで一つ学年が下だと思っていた。

ライブの開催が嬉しかった。

この頃好きだった戦士熊木翔中田あすみ

01

中学生になっても、天てれを見続ける。

予想していなかった徐桑安ちゃんと須田泰大君の卒業にショックを受ける。

熊木翔君の残留を喜ぶも、だんだん竪山隼太君の方が好きになる。

この年から10年度まで、毎年夏イベを録画するようになる。

ビットランドに、てれび戦士が出るということで、初めて視聴。以後、10年度まで、毎回視聴するようになる

人間関係で色あり、天てれにのめり込むようになる。

この頃好きだった戦士熊木翔1学期まで竪山隼太2学期以降中田あすみ

02

予感していたとはいえ、竪山隼太君の卒業にショックを受ける。

周囲が熊木翔君派だった、という理由で山元竜一君派となる。

最初は意識してなかったが、だんだんブライアンウォルターズ君を好きになる。

極楽とんぼがいつの間にかいなくなっていたことに、不満を覚える理由を知ったのは、数年後

天てれ10周年記念が想像以上の内容で満足し、この年1番の思い出となる。

この頃好きだった戦士ブライアンウォルターズ

03

放送時間が変わったことで、以前より天てれを見る時間が増えた。

山元竜一君の残留に驚きつつも喜ぶ。

ブライアンウォルターズ君の残留に安堵するも、1学期終わりの頃には、熱が冷めていた。

2学期以降は山元竜一君に乗り換える

冬イベで、八木俊彦君が出ていなかったことを不満に思う。

この頃好きだった戦士ブライアンウォルターズ1学期山元竜一2学期以降

04

いきなりドラマから始まった上、チーム制となり戸惑う。

03小4トリオの卒業に驚く特に、桜井結花ちゃん

特に理由はないが、派になる。

の方が良曲が多い、と若干不満を持つ。

部活の関係で以前より天てれを見る時間が減る

05

予想していなかったドランクザン望君と村田ちひろちゃんの残留に喜ぶ。

最年少戦士の学年が小4なのが納得出来ず。

一目見た時から、永島謙二郎君を好きになる。

派。

の曲数が減った上に、固定メンバーしか歌わないことに不満を持つ。

天てれドラマより、年間ドラマの方がよい、と不満を持つ。

昨年以上に、天てれを見る時間が減る。

この年から、年度最後の本放送は録画するようになる。

この頃好きだった戦士永島謙二郎

06

この年から、年度の初回放送を録画するようになる。

てれび戦士の人数が24人になったことに不満。人数を減らしてほしい、と毎年思うようになる。

小2小3戦士を入れて欲しい、と昨年同様の感想を持つ。

永島謙二郎君の残留を喜ぶ。若干だが、木村遼希君も気になる。

昨年同様派。

紙フトのルールをやっと覚える。ルールを覚えたおかげで、紙フトのコーナーが楽しくなってきた

のが発売されていることを初めて知る。高校卒業記念と大学入学祝いに04年度ののを買う。

とある天てれファンの視聴日記を見つける。天てれ放送後、毎回見に行くようになる。

本放送の期間が長くなったことを喜ぶ。

年間ドラマがあるのだから、天てれドラマはいらないだろ、と06年度が終わるまでずっと思っていた。

次年度の予告に驚く。と同時に、永島謙二郎君が卒業することを悟る。

まさかの卒業挨拶。案の定、永島謙二郎君卒業

川崎樹音ちゃんの残留を喜ぶ。

この頃好きだった戦士永島謙二郎

07

もう小2小3戦士は入らないのだろう、と悟る。

ビットワールドに中田あすみちゃんがレギュラー出演することに喜ぶ。

この年、パソコンを買ってもらう。天てれ公式や天てれファンサイトなどを見まくる。

なんとなく、ユート派。

夏休み。何もすることがなくて暇だったのか3年組団長先生という小説を考える。内容がそこそこ面白いと感じ、文章化する。この時の、読者は妹1人だった。以後、シリーズ化する。

年が明け、自分も天てれファンサイトを作ろうとを立ち上げる。これが初代1031ランド。内容は、視聴日記など。

本放送も終わり、何も更新するものはない、と思っていたが、3年組団長先生シリーズを更新すればよいのではないか、と考える。

予想していなかった松尾瑠璃ちゃんの卒業に驚くも、昨年同様川崎樹音ちゃんの残留を喜ぶ。てれび戦士初の7年戦士になれる、と当時は本気で思っていた。

08

M-istの存在に、これまでの天てれとは何かが違う、と感じる。

女子より男子の数が多いことに若干不満を持つ。

この年度で続3年組団長先生を書くことを決意。

生放送の1コーナーウキウキ青春リクエストがお気に入り。

ハッピーサプライズでのダンク事件以降、武田聖夜君が一押し。

新司会者が予想外すぎて驚く。

武田聖夜君、千葉一磨君、笠原拓巳君の残留に喜ぶも、丸山瀬南君、島田翼君、ミッチェルベンジャミン君、田中理来君の卒業を悲しむ。

この頃好きだった戦士武田聖夜

09

チーム制時代とは違う内容に戸惑いつつ、新鮮味を感じる。

中学生の方が多いことに不満を持つ。

武田聖夜君が相変わらずで安心する。

17周年記念番組を楽しむも、物足りなさを感じる。

講義や就活で、見れない日が続く。

09年度版3年組団長先生を書こうと決意するも、上記の関係で結局書かずに終わる。

時代を振り返る企画で、成長した山元竜一君を見れて興奮。

夏イベといい、年度末の企画といい、この年はお金がかかっていることを実感。

17人入れ替えにショックを受けるも、すぐにそういうものだよと受け入れる。

この頃好きだった戦士武田聖夜

10

17人入れ替えたせいか、更新が止まるサイトやブログが続出し、寂しい気持ちになる。

1031ランドも、就活や卒論のため、視聴日記を止める。

この年度もそれなりに楽しむ。

初代1031ランドのサイト元が無くなるため、2ブログに移行。

新司会者が出川さんと知り、不安になる。

11

戦士の人数が減ったこと、がエンディングではなくなったこと、久しぶりに小2戦士が加入したことを喜ぶ。

最初は見ていたものの、2週間後には見なくなるビットワールドも。

でも、天てれファンの視聴日記は欠かさず見てた。

冬イベを何故か見た。

見てないのに、卒業予想をする。当たる。

12

初回の放送だけ見る。以降、天てれを見てない。

20周年記念を見るが、内容に物足りなさを感じる。

前年同様見てないのに、卒業予想をする。当たる。

13

これといってなし。

発表された新司会者に誰?としか感想を持たなかった。

14

戦士全員入れ替えよりも、がなくなったことにショックを受ける。

天てれに関心を持たなくなる。

15

10月半ば、本アカの人が天てれをモデルにした小説を書くため、参考用に天てれに関するサイトやブログを見まくる。

その中で見つけたあるブログに衝撃を受ける。

それがきっかけで、再び天てれに関心を持つ。

1月にはTwitterを開始。アンケートなどを取る。

16

てれび戦士たちのTwitterを眺める日を送る。

新司会者を予想するも外れる。

17

前年と変わらず。

理由は特にないが、ブログをアメブロに移行することを決意。

1月2日。1031ランドが10年目を迎える。

振り返ってみましたが、の中盤以降、不満が多いなぁ

その頃から、天てれをのめり込むように見てたので、不満が増えるのもしょうがないような気もするが、それでも多い。

今後も、変わらず不定期で更新したいと思います。

次の更新は、4月。

その前に、2版で続3年組団長先生のあとがきを更新します。おそらくですが、2版最後の更新になります。